2016年10月11日 12:00  カテゴリ:イベント

とよたまちさとミライ塾のプログラム



こんにちは!
倉橋です。
今日は、とよたまちさとミライ塾のプログラム紹介!

http://www.toyota-miraijuku.com/programs/5746814b7777772de2d40000

上のURLが企画したプログラムです。(いろんな人にアドバイスをいただきました。)
「とよたの特産!約1000鉢のシンビジウムで芽かきトレーニング!」

タイトル通りで、シンビジウムの芽かきに特化した内容になっています。

プログラム紹介にも僕の思いは書いてありますが、
字数制限がありだいぶ削ったので、ここに思いの丈を書いておきます。


~なぜこのプログラムを作ったのか?~

今までお客様と接してきて、シンビが売れるためには何が課題なのかを考えていました。

お客様の声としては、

1、管理のしかたが分からない(技術面)

2、次の年も花を咲かせたい(気持ち)

この2つが圧倒的に多かったです。
思いに技術がついていっていない。

ここまでがリサーチ結果。(超ざっくりかも(笑))


じゃあどうすればいいのか?

この課題を解決するには、生産者が直接教えるのが一番説得力があります。しかも話だけではなく、実践を通じて!


ここで一つ。

なぜ生産者はちゃんと育てることができるのか。

そんなの生活がかかってるし、仕事だしお金をもらうことだから当たり前だろーなんて言われそうですが、肝心なのはその技術があるないかです。


芽かきに関して言えばお客様の声で多いのが、
葉芽をとるのがもったいないという感覚。

だったら芽かきを生産者並みにたくさんやってもらって、その感覚を無くしてしまえ!
と思ったのが、このプログラムをやろうと思ったきっかけでした。

プログラムは1時間ですが、15分程度の座学と、45分の実践という(笑)

過酷?大変?有意義!な内容です!

お客様では決して保有することのできない

圧倒的な数のシンビジウム

これを活かさない手はないですね!
ちまたでよくやっている収穫体験みたいなものかも。
花が咲いてないから収穫ではないか(笑)

そして昨日をもって満員御礼となりました!
(と言っても6名ですが。でも需要があった!)


『余談』
ちなみに、たまに言われるのが、

「お客さんを使って作業を進めるつもり?」という質問。

決してそんなことはありませんよキラン

自分でやったほうが早いですし、鉢も綺麗に並べていただけるかどうかも分かりません号泣

値引き以外でお客様に何が与えられるのか・・・役に立つことは何なのか、そんなことを考えたりしています。


以上!
つたない文章で読みにくかったと思いますが、読んでくれてありがとうございます!
  


Posted by くらはし │コメント(0)